ヒルトンのデザートビュッフェでスイーツ食べ放題!

スイーツ食べ放題!デザートブッフェへ

スポンサードリンク

タクシーを降り、すぐフロントへ。
まだチェックインできる時間にはなっていなかったので(15時から)、とりあえず荷物だけ預かってもらう。
そしてロビーラウンジ(ベイラウンジ)で行われているデザートブッフェへ直行した。

 

このベイラウンジは、玄関を入ってすぐ目の前にある、とても広々としたラウンジだ。
かなり広いスペースで、天井も吹き抜けになっているし、庭に面した窓ガラスも大きく、とても明るく開放的な雰囲気になっている。

 

ヒルトンのラウンジ

 

ヒルトンのラウンジ

 

大きな窓

 

広いので席も悠々としている。
かなりたくさんのお客さんが入れそうだ。
開放的な雰囲気のせいか、席の間隔に余裕があるせいか、子供がわさわさしていてもあまり気にならないところがすごくいい。

 

予約してあったので、すぐに席に案内された。
席は広々としたソファ席。
かなり広いスペースで、これを親子三人で使えるなんて贅沢だと思えるほど。
これならゆっくり食事を楽しめそうである。

 

ベイラウンジのデザートブッフェ

 

ここのビュッフェはデザートだけでなく、サンドイッチやパスタ、スープ、サラダなどの軽食もあるので、私たちは遅いお昼を兼ねての食事だった。

 

かなりお腹がすいていたので、待ちきれない思いでさっそくまずは食事系の食べ物を取りに行った。
息子も珍しそうに私についてきた。

 

ビュッフェで食事をとりに

 

軽食コーナーで、サンドイッチやピタサンド、パニーニ、ショートパスタ、ピクルス、コールスローサラダ、コーンスープ、フライドポテトなどをもらって席に戻る。

 

ビュッフェのサンドイッチ

 

ビュッフェの軽食

 

このほかにもサラダやポテトチップスなどがあった。

 

軽食の種類はそれほど多くないけど、デザート目当てならこれでも十分だと思った。
それにサンドイッチ系は、ホテルらしくちょっとおしゃれな内容。
実際どれもおいしかった。
コーンスープが大好きな息子は、これに大喜びだった。

 

息子も大喜びのビュッフェ

 

軽食を一通り食べ満足したので、早々とデザートへ突入!
妊娠してからめっきり食欲が落ちていた私は、このようなバイキング形式のご飯からしばらく遠ざかっていた。
それに珍しくケーキなどのスイーツもほとんど食べていなかった。

 

でも妊娠7ヶ月に入り、ここのところつわりもぐっとおさまり、徐々に食欲がアップしてきたところだったので、今日は食べる気満々だった。
ずっと食べていなかった分、今日はたっぷり食べるぞ〜♪とむしろ張り切っていたほど。

 

嬉しいデザート食べ放題!

 

さすがにデザート類は、種類が充実していた。
一緒に取りに行った息子も、初めて食べるケーキを目の前にし、興奮状態。

 

というのも、うちは3歳にまるまではなるべく甘いものを食べさせない方針で、ケーキやアイスなどは食べさせないようにしていたのだ。
でも、それも今日の3歳の誕生日を機会に解禁することに。

 

子供は食べたことがなくても、おいしいものというものはわかるらしく、華やかなたくさんのケーキを目の前に、すっかり興奮しているのだった。

 

ケーキは種類が多く、とても一度ではすべての種類を取りきれなかった。
タルトとかずっしりと重そうなケーキは後回しにし、とりあえずフワフワクリーム系のものを中心にあれこれいただく。

 

デザートビュッフェのスイーツ

 

息子はイチゴケーキが希望。
わかりやすいからだろう。
その他に見た目もおしゃれなムースやゼリーもあったので、それらもいくつかもらい、席に戻った。

 

さっそく少しずつ、一通り食べてみる。
どれもすごくおいしい♪久しぶりに食べるケーキに私もご機嫌だし、息子も超ご機嫌。
夢中になって食べていた。

 

さっき食事系を食べていたときは、「もうお腹いっぱいだからいらない!」なんて言っていたくせに、今はものすごい勢いでケーキを食べている。

 

ケーキを食べる息子
お腹いっぱいではなかったのか・・・

 

やっぱりこんな小さくても、甘いものは別腹なんだな、と可笑しくなった。

 

それにしても、夢中になってケーキを食べる息子を見ていると、甘いものというか砂糖の魔力というのはすごいものだとつくづく思った。

 

息子はイチゴケーキも喜んでいたけど、ムースが特に気に入ったみたいで、何個もお代わりして食べていた。

 

デザートを食べる息子
まだ食べてる・・・

 

私はなるべく色々な種類のケーキを食べてみたいので、どれも少しずつ食べたのだが、やはり妊娠前のようには食べられない。

 

ヒルトン・デザートビュッフェのスイーツたち

 

すぐお腹いっぱいになってしまい、とてもじゃないけど全種類制覇は無理だった。
タルトやぎっしりと重そうなケーキは、ほとんど食べずに終わった。

 

でも最後のあがきで、シェフが目の前で焼いているクレープだけは食べてみた。
生クリームとか好きなものをつけて食べるのだが、やっぱりこのクレープもすごくおいしかった。

 

あとチョコレートファウンテンもあったので、これも少しやってみた。
息子が喜ぶだろうと思い、抱っこしてチョコレートをつけさせてあげたけど、意外にもそれほど喜ばず。
しかもチョコレート自体もあまり食べなかった。
子供は何を喜ぶのかわからない。

 

あと嬉しかったのは、ここにはポテトチップスが置いてあったこと。
甘いものを食べ過ぎてうんざりしたときに、ポテトチップスをちょっとつまめるというのはすごく良かった(私だけ?)。
お腹いっぱいでも、ポテトだったらちょっと入ったりするのだ。
箸休めみたいなもの?

 

あと何より良かったのは、ここは席が広々としていたことだ。
ソファ席でかなり広いので、お腹いっぱいになったら、だら〜っと座って休めるのがいい。
隣の席との間隔もけっこうあるので、隣もあまり気にならない。
都内の混んでいて狭いお店とかとは大違いだ。

 

それにここはディズニーオフィシャルホテルという場所柄か、小さい子連ればかりなのも良かった。
子供が多少ばたばたしていても、それほど肩身の狭い思いをしなくて済むのだ。
こういうところが、多少高いけど、このホテルのブッフェの良さかもしれないと思った。

 

最後はさすがの息子もお腹パンパンになったみたいで、「お腹痛い〜」なんて言ってだらけた感じでソファに横になってしまった。

 

食べ過ぎ
お腹いたい〜

 

ソファーでダウン
ソファーでダウン

 

私たちもしばらくは動けないほどたくさん食べ、時間制限の1時間半ぎりぎりまで休んでから、レストランを出ることにした。

 

ちなみに、ここのデザートブッフェはネットのクーポンがあるので、行くならそれを使ったほうが絶対にお得だ。
本来ならデザートブッフェはドリンクバーをつけると大人一人2700円だが(平日料金)、クーポンで2300円になる。
もちろんクーポンを使った。

 

なお、子供は4歳以上から料金がかかるので、3歳の息子はただ。
これ、けっこう重要。
クーポンはヒルトンホテルのホームページから利用できる。

スポンサードリンク

次のページ>>ヒルトンのロビー